マイルズ・バーマン法律事務所
ロサンゼルス飲酒運転・ドラッグ専門弁護士
 

 

 

日本語ライン 310-273-9501
日本語アシスタントミヤサコまで
(加州法曹会非会員)

 

ロサンゼルス オフィス
9255 Sunset Blvd., Suite 620
Los Angeles, CA 90069
Phone (310) 273-9501
Fax (310) 273-8085

 

オレンジカウンティ オフィス
19600 Fairchild, Suite 100, Irvine, CA 92612
Phone (949) 640-1860

 

ベンチュラ オフィス
3075 E. Thousand Oaks Blvd., Suite 9
Westlake Village,CA 91362
Phone (805) 605-9501

 

 

経験豊富な弁護しによる徹底した弁護

 

Myles L. Berman  「飲酒運転」で逮捕されたからといって、人生が終わってしまう訳ではありません。免許停止や免許取り上げ、飲酒運転での逮捕などが原因で、職を失い、自動車保険の掛け金を上げられたり又はキャンセルされたり、刑務所に入れられたり、名声を失ってしまうことにもなりかねませんが、ほとんどのカリフォルニアでの飲酒運転は、経験豊富な弁護士ならうまく弁護できます。
 当方は、経験豊かで行動派の弁護士です。飲酒運転で告訴された方の弁護に力を注いでいます。 1982年以来、私は医者・弁護士・プロスポーツ選手・ビジネスマンなど、飲酒運転で告訴された多くの人々を弁護してまいりました。私どもは、飲酒運転の無罪放免や減刑、および免許停止や取り上げの撤回などに成功しております。罪状認否で有罪を認める以外にも、方法はあるのです。

 

【成功例・弁護のポイント】

 最近の成功例には、飲酒運転で逮捕され、0.28のアルコールが検出された方がいます。 他にも、飲酒運転で3度も逮捕され0.16のアルコールを検出された人、事故を起こした後飲酒運転で捕まり0.16のアルコールを検出された人、飲酒運転で人身事故を起こして捕まり0.11のアルコールを検出された人、2度目の飲酒運転で0.10のアルコールを検出された人、2度目の飲酒運転で0.12のアルコールを検出された人がいます。この6人のうち5人は免許停止・取り上げを免れています。

 それぞれのケースの成功は事実や状況によりますが、不法拘留・「ミランダ権利」違反・吸収率・合意示唆違反・考えられうる疑いなど、成功につながる共通の論争点があるはずです。私どもが過去に飲酒運転で成功したケースの例をリストにしています。是非、”飲酒運転ケースの成功例”をご覧ください。 これまで手がけてきた飲酒運転ケースの殆どで成功を納めています。

 


日本語アシスタント 加州法曹会非会員 宮迫喜代子

 オフィスはロサンゼルス郡オレンジ郡ベンチュラ郡の便利な場所に位置しております。お支払いは、キャッシュ、チェックまたはクレジットカードを受け付けております。

 

 初回コンサルティングは無料です。当方弁護士までお気軽にお問合せ下さい。


 


Q&A